配置画像はTIFFで保存

写真、イラスト、ロゴマークなどの配置画像

配置画像はTIFFで保存して下さい。写真は300ppi、ロゴマーク、印影を読み取って使う場合、600ppiがお薦めです。ロゴマーク、印影等を TIFFで保存すると、CMYKの色付けが出来るので、特色刷やカラー印刷にも好適です。

印版の印刷

領収書、請求書など伝票印刷の印版

印影は白い紙に出来るだけ綺麗に押して600dpiグレースケールで読み取って下さい(刷り色は印刷インクの色で決まるので色情報は必要有りません)

Photoshopをで開き、かすれ部分をつぶしたり、ゴミを取り除く>太さを確認しながら2階調化>モードからモノクロ2階調に変換>配置(M100%)こうすると網点で表現されないのでリアルに印刷されます。

よくわからない場合は配置した画像は読み込まず、別にjpegのままでお送り下さい。あとは当社で加工いたします。アウトラインを取った場合はM100%として下さい。

特色印刷・色刷り・DICカラーライブラリ

特色、色指定データ作成

特色刷り伝票印刷

グリーン、藍など黒以外の1色で印刷する場合を特色刷と云います。黒1色でデータをお作り頂き、刷り色グリーン(あるいは前回見本通り)と指示して頂くのが一番解りやすい方法です。

社内やお客様への説明で、色を付けたデータを作りたい場合は、CMYKでは無くスウォッチから特色をお使い下さい。

ウインドウ>スウォッチライブラリ>カラーブック>DICカラーライブラリ(CS4の場合)からお選び下さい。DIC番号の後のs、p、*マークは印刷版のDICカラーガイドと若干違いが有るという意味ですが気にしなくて結構です。刷り色指定はは大体のイメージです。画面の色と印刷の色は完全には一致しないのでご承知下さい。

特色データ作成・スオッチ・DICカラーガイド

スオッチ、DICカラーガイド

特色のみ使用

トンボも含めて特色1色で作ります。CMYKボタンを押さない様ご注意下さい。

CMYKに変わると、4色カラー印刷でグリーンを印刷するというデータに変わってしまいます。画面上は特色部分と変わらないので、くれぐれもご注意下さい。

念の為、スオッチオプションから特色をCMYKに置き換える機能を使って(プレビューをオン)CMYKのどれかに置き換えて(特色のみで出来ているか)確認して下さい。

4色カラーでの伝票印刷は特別な場合を除いて行いません。何色も使う多色刷り伝票でも特色での多色刷りが基本です。