カラーモード・トンボ・ページ指定

トンボ・ページ指示

モード

CMYK(配置画像もすべて)最初にRGBで作製すると後からCMYKに替えても、 4色の掛け合わせになってしまい、すべて1色に作り直す必要が有ります。

仕上がりトンボ

トンボは入っていなくてもこちらで入れますが、仕上がり位置を示す長方形を必ず入れておいて下さい。アートボードの位置が仕上がりになる場合は、その旨お伝え下さい。

ページ指定

ファイルネームやメールでの説明より、絵柄に入れて下さる様お願いします。仕上がりの外側に小さめに入れて下さい。

 

文字のアウトライン化・外字

外字・文字のアウトライン化

外字

文字情報はコード番号という形で書類内に保存されていますが、外字と呼ばれる特殊文字は、OSや書体によって割り当てがまちまちです。図の様な文字は開く環境が変わると文字化けを起こしてしまいますが、アウトライン化(図形化)することで100%文字化けを防ぐことが出来ます。

文字のアウトライン化

すべて選択して書式メニューからアウトライン作成。

アウトライン化すると文字修正は出来ません。必ず元ファイルを残したまま保存して下さい。当社ではアウトライン化も修正も出来ません。

 

パターン、ブラシ、効果

パターン、ブラシ、効果等

実際の印刷ですが、現在主流のオフセット印刷はとてもアナログで機械的な方法で印刷されます。パソコンの画面で見たそのままが印刷される訳では有りません。
効果、パターン、ブラシ等はかなり怪しいのですが、出稿時にラスタライズして保存すると、画像データとしてほぼ問題なく出力されます。(解像度300ppi)

入稿バージョンCS6(アドビクリエイティブクラウド・モリサワフォントパスポート)

CS6までOK(イラストレーター、インデザイン・InDesign)

当社ではクリエイティブクラウドを導入しました。常に最新バージョンで入稿できます。又、インデザインでの入稿にも対応します。モリサワフォントでの入稿はOTF書体での入稿をお勧めします。MSフォント等での入稿は書体のアウトライン化が必要です。

PDF保存・マルチアートボード

PDFで保存、約款・社内報・自治会広報等

CS4以降はマルチアードボードの機能を使い、複数のページを1つのpdfにとして保存出来るので約款や、複写枚数の多い伝票印刷の場合に便利です。 又、写真や配置画像が多い場合は、PDF保存すると画像を含めて保存するので安心です。

広報、社内報等ページの多い印刷はマルチアートボードからPDF保存をお勧めします。